2004年01月06日

ギャッツビー

ちょいと古い話。
70年代初頭に爆発的ブームを巻き起こしたCM


「う〜ん。マンダム。」

当時の丹頂株式会社(現マンダム)の男性整髪料のCMだ。
CMを見たこと無い人でも一度は聞きかじりのあるフレーズ。
このCMが放送されていた当時、
アゴに何かついてると指摘して相手が気にする仕草を見せたとたんこのフレーズをブチかます遊びが流行った。
今から思えば何が面白いんだか意味不明の遊びだったが、マンマと引っかかった時は妙に悔しかったものだ。
CMを見ていて、今は亡き名優チャールズ・ブロンソンの底なしの男臭さと
名曲「男の世界」の哀愁のメロディーラインが幼いおいらの心をワシヅカミにしたのを覚えている。

ああいう土臭い「男らしさ」に最近ではめっきりお目にかかれない。
もっさりと伸ばした髪とひげ。
筋骨隆々の体を誇示するようなシャツ。
そのシャツから爆裂する胸毛。
大きなバックルのベルトで締められたベルボトムのズボン。
タバコはマルボロかな。
ギャランGTOとか乗ってて皮手袋とかしてる(もちろん指なし)。

きっと昔はたくさんいたんだろうな。
そういう人見つけて是非アゴを指摘してみたい。
posted by とと at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 思ひ出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。