2004年02月07日

アイアイ

某番組で藤井隆の「妹」企画が発動していて、
オーディションの結果4人の女の子ユニットが誕生。
その名も「いもうと」。そのまんま。

過去にも「妹」企画というのは、おいらが記憶しているだけでもたくさんありましたな。
西城秀樹の妹には河合奈保子と石川秀美だったし、
松本伊代は確かトシちゃんの妹だったし。
横浜銀蠅には岩井小百合とかいう妹がいて、
西川忠志にはかの子という本当の妹がいたりする(笑)。

妹キャラっていうのは商業的にはどうなんでしょう。
妹だからって特にどうだってこともないし、
兄がいるからって擁護してもらえるわけでもなし。
イマイチ意味がわかりません。
かの「ドラミちゃん」や「ウラン」とはまた違った存在感ですなあ。
ウルトラマンのような「血縁であることの連帯感」を売りにしないのなら、
キャラクターとしてはなんの魅力もないと思うのですが。。。。
いっそのこと「藤井の妹」ではなく、
「藤井のクローン」とか「藤井の生まれ変わり」とか言ったほうが
珍しくて良かったのかも知れませんねえ。



しかし、「いもうと」の4人の女の子、
一体いつまで藤井隆の「妹」の肩書きを背負うのでしょうかね。
将来ゴールデン・グローブ賞とかでステージにあがった時、

「私、藤井隆さんの妹分なんです♪」

と胸を張って言って欲しいものです。
posted by とと at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。