2004年08月07日

夏の風物詩

イギリスの大学の研究チームによると、
世界最高のホラー映画はスタンリー・キューブリック「シャイニング」だそうです。
冬季閉鎖中のホテルを貸しきった作家家族が、その隔離された状況の中で体験する異常現象を描いた作品で、
オカルトでもスプラッターでもない、芸術的要素の高い秀作だったと覚えております。
しかし、確かに「シャイニング」は怖い映画ではありましたが、
体感する「怖さ」なんてものは個人レベルでずいぶんの格差があると思われるので、
一概に「世界一怖い」なんてことは言えないのではないかと思われます。
やはり日本人であれば「リング」「呪怨」などの和製ホラーのほうがすんなりと受け入れられるかもしれませんし、
オカルトの金字塔的作品「エクソシスト」、スプラッタブームの先駆け「ドーン・オブ・ザ・デッド(邦題・ゾンビ)」といった
今日に至ってもまだまだその「恐怖」を語り継がれている名作こそが世界最高と選ばれても不思議はありません。
友人の中には「スター・ウォーズ」が一番怖かったという者もおりますし、
おいら自身としては子供の時に見た「汚れなき悪戯」がとても怖かったと記憶してたりします。

そんな中で「シャイニング」は、その研究チームの編み出した一つの公式によって選出されたようです。


「(es+u+cs+t) squared +s+ (tl+f)/2 + (a+dr+fs)/n + sin x - 1. 」

es = 緊張感を高める音楽
u = 未知要素
cs = 主人公らが追われるシーン
t = 罠にハメられそうな予感
(squared = 二乗)
s = 衝撃度
tl = 現実味
f = 虚構性
a = 主人公の孤独さ
dr = 暗闇かどうか
fs = 映像の雰囲気
n = 登場人物数
sin = 血や内臓
1 = ステレオタイプ度


うーん。気持ちはわかりますが、なんだかやはり無理があるような気もしますねえ。
これ「ダイハード」なんかを当てはめると凄い怖い映画になってしまうのではないでしょうか?(汗)


「シャイニング」の何が怖いって母親役のシェリー・デュヴァルの顔は壮絶です。
是非一度ご覧あれ。

(ソース:X51.ORG

shin.jpg
posted by とと at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。