2004年09月11日

カントリーロード

男のロマンについて妄想してみようと思います。


荒野のロンゲンドワインディングロードを愛車フォードムスタング・マッハ1を駆って疾走。
カーステレオ(シティーコネクション)から流れる小池一也「ワゴンマスター」が旅の疲れを癒してくれる。

しばらく走っていると
前方にボンネットを開けた1台の赤いコルベットが停車しているのに気づく。
すれ違い様に気になってスローダウンし様子を伺うと、
フェンダーの影にエンジンルームをノゾキこむブロンド美女一人。
どうやらエンジンの不調で立ち往生している様子。
フルブレーキングによる急停止から、バックギアに入れ猛然と故障車に近づくマッハ1。
「ヘイ、ベイビーどうしたんだ?」

潤んだ瞳でこちらを見つめるブロンド美女(以下ブロ美)
「車が突然動かなくなっちゃって・・・・」

おもむろに車から飛び降り、エンジンルームを眺めてみる。
心配そうにおいらの横顔を見つめるブロ美に
白い歯を見せ爽やかに一言。

「どいてな。」

被っていたテンガロンハットをブロ美の金髪にのせ、
ちょこちょこと何やらエンジンをまさぐり、
当たり前のように運転席に座ってエンジン始動。
あざやかな手並みに歓喜の声をあげるブロ美。

「何かお礼をしたいのですが・・・・」

「なーに、当たり前のことをしたまでさ。」

「せめてお名前だけでも・・・」

軽く愛車のルーフを叩き
「このヤキモチ妬きのエレノアがご機嫌ナナメになっちまう前においらは行くとするぜ。
道中まだまだ危険がいっぱいだ。気をつけて行くんだぜ、ハニー。」

軽くウインク一閃、
激しいホイルスピンから巻き起こる砂埃にテールを見え隠れさせ
遥か彼方へ小さくなっていくおいら。
そして、軽く髪を風になびかせながら
いつまでもその影を見送ってるブロ美の頬に一筋の光るものが。
しぇーん、かんばっーく。


頭おかしい?頭おかしい?<おいら


===

世の中には想像を超えた趣味が存在していて、
車で立ち往生している女性に萌えてしまう方々がいらっしゃるようです。
困っている人は、見てないで助けてあげて欲しいです。

車が動かない・その1 その2(動画) (あくじきさんより)

こちらがメインのHPです。
多少アダルトちっくなので注意。

carstuckgirls
posted by とと at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | よぎってしまった。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。