2004年09月15日

リインカーネーション

子供の頃に通った駄菓子屋に久しぶりに行ってみたら
まだ当時のお婆さんが店番してたのに驚きました。

化石かと思って話しかけたら娘だと聞いてさらにタマゲマシタ。



===

お婆さんを操って団子を串刺しにするゲームです。


FLYING DANGO (sasapong!!さんより)

串が柱に刺さる音が闘争心を刺激します。
posted by とと at 09:23| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
和歌山に素朴な中華そばのお店がありました。
恐ろしく恐ろしいばあさんが一人でやってました。
亡くなったと聞きました。
でも、娘と息子が各々中華そばのお店を出してると聞きました。
娘のお店に行ったら、既にばあさんでした。

太麺、固ゆで、豚肉!なのだ。
好き嫌いが分かれるらしいけど、どちらかいうと好きな方。
Posted by redzone at 2004年09月16日 23:26
店主だけが出すことのできるオリジナルな味が、店主の不在と同時に消滅したりすることが少なくないですよねー。
信州に美味しいラーメン屋さんがあって、
スキーの度に立ち寄るのが楽しみだったのですが、
ご主人がお亡くなりになって味そのものが変わってしまった時はすごく悲しい思いをしました。
和歌山のそのお店では、味は伝承されているのでしょうか?
今度是非ご一緒したいと思います♪
Posted by とと at 2004年09月17日 10:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。