2004年12月01日

脱脂粉乳

小学5年生、6年生の2年間だけ給食でした。

当時はあまりにも当たり前だったので不自然には思わなかったのですが、
なぜパンではなくご飯メニューの場合にでも飲み物は牛乳だったのでしょうか。
ご飯に牛乳ってどーなんです?食い合わせがとても悪そうですよね。
一度牛乳をご飯にかけて食べてみましたが、とても微妙な味がしたのを覚えています。
味がしないようなするような妙な感じで、
プラッチックを食べているような気さえしました。プラッチック。

そー言えば、給食の牛乳を飲めない子が数人いてて、その子達の牛乳を貪欲に貰っていたような記憶があります。
誰よりも早く給食を食べ終え、牛乳確保のためまるでダフ屋のように教室を徘徊してました。
「牛乳ないか??、牛乳ないか??」
おかげで連日おいらのお腹は牛乳でタプンタプンで午後からの授業中リバースしそうになった事が何度もあります。
しかし、そんなに成長期に牛乳を飲んだ割には背が伸びませんでしたなー。
つーか、逆にあれだけ飲まなければもっと今チビだったのかもしれません(恐)。
はっ、もしかして実はこれから伸びたりして♪
あの日の牛乳の効果が今まさに現れたら感動するだろーーーなーーー。

あ。

でも巨乳とかになったらヤダ。


・・・何書いてるか解らなくなってきたのでこの辺にしておきます。

===

懐かし給食屋・みんなの教室。 (誰が為に鈴は鳴るさんより)
スペシャル給食コース¥1500なり。
夜のメニューにはアルコールも。
ていうか「みんなの教室・夜のメニュー」とか書かれると日活の某シリーズを彷彿してしまいます(悦)。
神奈川近郊の方がいらっしゃれば是非感想をお聞かせください。
posted by とと at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 思ひ出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。