2005年07月08日

ちーさな巨人

小学生だった頃の事。
となりに住んでいた桁外れに裕福なおぼっちゃまが持っていた、
ミクロマンという男の子向け人形が羨ましくって仕方なかった思い出があります。
財力に任せてまるで軍隊のように整列させられていたミクロマンたちを目の当たりにして、自宅に帰ってから湧き上がる欲求を抑えられず烈火のごとく駄々をこねくり回したのでしたが、もちろん屈強なるとと母の牙城をそんな正攻法な攻撃で打ち崩せるはずもなく、
「ミクロマンなんか知らん。」
と例の如く背筋が凍りつくようなテンションでバッサリ一蹴され、
あまりの衝撃に押入れの隅で膝を抱えて呪いの言葉をつぶやきながらフォースのダークサイドへ足を踏み入れたのをはっきりと覚えております。
「貴様が知ってるとか知らんとかが問題ではなくて、隣接した家庭に当たり前のようにある物がなぜ我が家では購入に踏み切れないのかを問うている。」
と言及したかったのをゴクリと飲みこみ歯茎から血を流しながら我慢したことがトラウマとなって、現在においては無意識に食玩を大人買いするという、脱力感抜群の悪癖を持った豪傑に成長したととちゃんでした。
てへ(・_・)ゝ。

と、そんなセピア色のスクリーンショットを蘇らせてもらえた記事が小太郎ブログさんのところで紹介されていました。

zoho
ZOHO 85箇所可動する金属製フィギュア
海外版ミクロマンのようです。
滑らかなポージングに高級感のあるボディ。(でも顔はマヌケ)
ヤバイ。かなり欲しい。
人形4コマとか作ってみたい。。。

でもきっと高いんだろーなあ。


関連:ミクロマン
現在でも売られているミクロマンシリーズ。
やはりイケメンです。

===

バカスレにもほどがありますがミクロマン欲しくなりました。
2chスレ「今からオ○ニーするので見てください」煙いブログさんより)
posted by とと at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | うんちく・小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。