2004年11月15日

傍若無人

いつも彷徨ってる酒場にて。

雑誌「egg」に載ってるようなギャルによく意味も無く罵声を浴びせられたりしているのですが、その小娘が酔いつぶれてカウンターで寝ゲロを炸裂していたりするのを見ると
型にはめ込んだ日常を生きている自分の姿が逆に滑稽に思えてきたりします。

自身を制御できない脳なんて必要ないのかもしれません。
でもホワイトアウトできる瞬間を求めることは無意味と言い切れるのでしょうか?


臆病であることに少し疲れてきたようです。


===

ギャルしかいない学校。。。。


BLEA女子高等部 (もっとワラタニッキさんより)

とてつもないです。
「始業時間は10時半。低血圧の子でも大丈夫!」

うそーん。
posted by とと at 11:03| Comment(2) | TrackBack(0) | ぼんやり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月12日

頭文字でー

友人の子供がかけっこが遅いのを悩んでいると言うので
はちまきに効果的なマーキングを施してやりました。

文字チューン

泣いて帰ってきたそうです。


posted by とと at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼんやり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月10日

楕円軌道

突然ですが
パンツの片方に両足突っ込んで激倒したことは誰しも一度はあるはずです。
今まさにしたたか側頭部を床に打ちつけ銀河に煌く星たちを垣間見ました。

飲みすぎにもほどがあります。



===

先日が雲だったので今回は星。
星座はカシオペア座くらいしか知りません。

プラネタリウム(FLASH)
posted by とと at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼんやり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月03日

宇宙船地球号。

おいらが酒をしこたま飲んでヘニョヘニョな時も
地球のどこかで子供たちが死んでいたり、
おいらがパソコンの前で何やらニヤけている時も
地球のどこかで誰かが悲しんでいたりと
同じ星に住んでいるのにこうも違うのだな??なんて
ロシアの人質事件を見ながら思っておりました。

平和を噛み締めることができるのが、
ああいう映像を茶の間で見ている時だけだなんて
まったくやりきれないですね。

と、なんだかとても偉そうに書いておりますが、
酒を飲んでテレビを見てるときだけは、
おいらは地球の代表です。
申し訳ない・・・・・。


今日の地球(翻訳)あくじきさんより)

posted by とと at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼんやり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月15日

メカは友達。

うちには軽自動車が一台あります。
なかなかファニーな顔をした車なもんで、
購入した当時から「眉毛」を付けたくってしょうがありません。
もちろんカッティングシートかなんかで簡単に付けられるとは思うのですが、
行く先々でバカにされるのも悲しいのでなんとか踏みとどまっております。

そんな風に車を擬人化して溺愛する趣向というのは、
車を所有している人なら少なからず持っているのではないでしょうか?
眉毛とまではいかないまでも、愛称をつけたりしますものね。

ライトが二つに空気の取り入れ口という一般的なレイアウトを
「顔」と見立てしまうのは必然といえば必然なのかなーとは思うのですが、
それをさらに「表情」と感じてしまうというのは
やはり「愛情」に近い感覚が作用しているのかもしれません。

bracket.jpg
車用歯
posted by とと at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼんやり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月07日

銀河の法則。

七夕です。

今年の七夕はいい天気で夕焼けがとても綺麗だったにもかかわらず、
残念ながら夜になって雲が出てきたので天の川はよく見えませんでした。


1年に1度だけ会うことのできる織姫と彦星の伝説は有名ですよね。
恋人同士がとても長い間お互いを思い続けるという切ない逸話なのですが、
悠久なる宇宙の時間尺に置き換えると、2秒に1回会ってることになるそうです。
デートしまくりですね。
ていうか一緒に住んでる状態です。


今年の七夕。
去年と何も変わらない瞳をした織姫にはきっと、
沈んでいく夕日が鮮やかに映っていたことでしょう。

紅く。アカク。
rinku.jpg
posted by とと at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼんやり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月08日

革命の名のもとに。

「連合赤軍が関与した事件と日本経済の動向」
なんていう堅いテーマでこの徒然を書いていたところ
友人からの携帯メールが届きました。

「コロ助の声が番組の途中小山茉美から杉山佳寿子に変わったのはなんでだ?」



しるかー。

korosuke.jpg
posted by とと at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼんやり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月17日

不謹慎 ??

狂牛病、鯉ヘルペス、鳥インフルエンザときて、
とうとう謎の病魔群は外食産業最後の砦「ブタ」にまでその脅威を及ばせてきました。
その名も「ブタコレラ」。
名前のインパクトも最高ですね。
ブタコレラですよ、ブタコレラ。キテレツ大百科かと思ったなり。

しかしよくもまあ手を変え品を変え襲いかかってきてくれるものですね。
昨今の一連の食肉病原菌騒動は、実は某政治結社のバイオテロじゃないかなと思えるほどです。
さぞかし各種養畜団体や食料産業関係各位は連日不安と恐怖におののいていらっしゃることでしょう。
そして、同時にやり場のない怒りに体を震わせてもいらっしゃるはずです。
その心中やいなや察するには余りありますな。。。。

牛。鳥。豚。ときてお次はなんでしょうね。
生活に根ざしていて、国民の消費活動の要であり、養殖として完成しているもの・・・・・・・う??ん。


ごめんなさい。
なぜか「モー娘。」が思いついちゃいました。

てへっ
posted by とと at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼんやり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月16日

舗道

ようやく春めいてきて、過ごしやすくなった日常。
冬の寒風に背筋を曲げて歩いてきた歩道では
原色の花々が少しだけその姿を予感させてくれています。

うつむき加減が癖になっていたから、
ひっそりとたたずむ彼らを容易に発見できました。

彼らのように柔かな日差しにまっすぐ向き合って歩いていたいけど、
街の喧騒とか、時間の激流とかなんやらで自然と目線は下の方へ。
彼方へ行くには遠くへ瞳を凝らさなきゃ。
ぼんやりしてるとすぐに見失ってしまうもの。。。。なんて。


でもね。
うつむき加減で歩くのもあながち悪くないような。
見つけてしまうもの、見つめられているもの。
結構たくさんあるんです。

とてもこっそり、こっそりと。

こっそり♪
posted by とと at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼんやり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月09日

カレイドスコープ

最近テレビを見ているとき、
内容を全く受け入れずただ漫然と移りゆく画像の流れだけぼんやりと見つめてることがあります。


テレビってまぶしい。
posted by とと at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼんやり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月07日

呑んだ暮れ??

久々にミニオフ会で呑みました。


したたか酔った終電の座席に

はかなく、そしてちょっぴり切なく。
posted by とと at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼんやり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月03日

オスカー

そういえばこないだアカデミー賞の授賞式があったのだなー。
渡辺さんは残念だったようで。

わが愛するレニー・ゼルヴィガーが助演女優賞に輝いたので
おいら的にはオッケーグーなのだが。

できることなら山田洋次監督に受賞して欲しかったなー。


酔っ払ってるので今日の徒然はこんな感じ。
posted by とと at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼんやり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月27日

フリーハンド

ヒゲずらのおっさんの判決に世間は賑わっておりますね。
気になったのは弁護団の退廃な雰囲気。
いい加減な気持ちではなくて、きっと疲れ果てているのでしょうなーーー。
そりゃそうだろうて。

いい加減といえば、最近徒然のネタもいい加減志向ですなあ。
本日もその流れで(汗

==========

職場でとってる新聞(地方紙)に毎朝目を通すのが日課なのですが、
今日その折込広告に、近所で新しく開店するラーメン屋のものが入っていました。

華々しく新装開店の喜びを展開させている紙面にて、
メニューの記載に以下のような誤植訂正が。

ponkotu.jpg

せめて誤植の部分はわからないようにして欲しかったです。

朝から壁をひっかいて笑い崩れました。
posted by とと at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼんやり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月26日

大企業

新しくなった清涼飲料水「アクエリアス」。
そのCMに流れている古き懐かしい曲がとっても気になりました。
昔運動会なんかで流れていた曲だと思うんですが曲名が出てきません。

♪ぷっぷくぷっぷー ぷっぷっぷー♪ってやつです。はい。わかりませんね。

で、早速曲名を調べに日本コカ・コーラの
「アクエリアス公式サイト」へ飛んだわけですが、
そこがまた最近の流行よろしくFLASHムービーありーの、凝った作りになっておりまして、
しかも名前を入力してログインしないと見れないようになっております。
とりあえず「とと」と入力してサイト内を閲覧することに。
サイト内に入るとチャリに乗ったファニーな女の子が案内にやってきました。
新着情報を教えてくれる「エツコ」さんらしいです。

徘徊していてHPの完成度の高さに、さすが世界のコカコーラと唸ってしまうのですが、
気になるのはその案内のエツコさん。

開口一発

「ういーっす。ととっち。」


なまら馴れ馴れしーじゃんかよぉー(ぷっぷくぷー)



運動会の曲どころではなくなりました。
posted by とと at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼんやり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月19日

おとこまえ

アメリカという国はなかなか面白い国で、
警察や消防などの制服・備品等のデザインを決める際、
機能性よりも「かっこよさ」が求められるらしいです。

それは少年少女に憧れを促す目的らしいのですが、
そういう「形から入る」姿勢というのはわが国には見られないものですね。

ビジュアル志向のアメリカ。
それを踏まえて時期大統領候補のケリーさんなんてのは
いかがなもんなんでしょうか。。。。
posted by とと at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼんやり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月13日

ミヨウミマネ

文章表現やネタの考察方法などの参考にと、
連日暇を見つけていろんなテキストサイトやblogを読みあさっております。
特に最近急増しているblog(web_log)のコラムには、その完成度の高さに驚かされています。
よくもまあ、ほとんど毎日あんなに書くことがあるものだと。
しかも豊富なネタもさることながら、
読み手をぐいぐい引き込んでいく絶妙な表現手法を考え付くものだなーと。

あんなふうに書ければいいなあ。

知的でウイットに富んでいて、それでいて小難しくなく、読み手の興味中枢をくすぐるような文章。
某新聞の「天声人語」のような襟を正したコラムとは違う、もっと限りなく自然体で普段着な感覚。
そういう文章が無尽蔵に書けるようになれたら、いっちょ本でも出版して一儲けしてみたりするところですが、
いかんせん稚拙さ抜群の駄文しか書けない小生では、「コラム」ではなしに「メモ」止まりを余儀なくされてしまいます。

blogを管理している人たちというのは、中にはプロの物書きもいるようですが、
そのほとんどはおいらのような一般ピーポーのようです。(才能の有無は別として。)
生業を持ちながらも、自らの意識を情報発信している人たち。
そういう人たちと一度オフラインでお話がしてみたいですね。
考え方、捕らえ方、そして表現の仕方。
すべてがきっと楽しくて新鮮なんでしょう。
お酒の席なんかで盛り上がればさらに面白そうです。

でもそんな中で、おいらは立派に発言できるのかと言われると不安ですねえ。
気の利いたジョークのひとつでもブチかますことができればいいのですが、
酒の勢い余って高出力なシモネタなんかを誤爆させそうで、
どうもそういった場には間に合いそうにないのが現実です。。
(こうなると知性がどうのこうのというより人間性の問題でありますが。。。。。)

「知識」を巧みに操る有名blogの管理者たちのようになるには、
やはり自分が存在している社会・環境・時間すべてにおいて
渾身の興味を持って接するようにしなくてはいけないのかもしれませんね。

いや、そんな大げさでなくてもいいんです。
毎日が充実していればそれでいいんですから。


とにかく日々精進です。
このダラダラ「メモ綴り」、もうしばらく続けることにします♪
posted by とと at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼんやり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月27日

パワー

押しつぶされそうな悲しみに襲われて、
自分がここにいることを叫びたくって、
何も見えなくなってうずくまってしまう。

声にならない悲痛な叫び。

声が出ないのなら黙って胸を張ってみる。
とりあえずまっすぐ前を向いてみる。


見た方向が道。
道はどこまでも続いている。
posted by とと at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼんやり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月24日

すきま風

ある記事に
「南極点ではどの方向に寝ても北枕になるので、仕方なしに立って寝た。」
と書いてあったのを思い出した。


そんなことを思い出すほど我が家は寒いのか。。。。
posted by とと at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼんやり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月23日

「開脚伸身とと2回ひねりもどき」

体操競技のテレビ中継を見ているとよく「トカチェフ」とか「コバチ」とかいう用語を耳にする。
どちらも技の名前で、語源はどうやら人の名前らしい。
なるほど「モリスエ」とかいう技もある。
サンドイッチと同じ理屈。
「??キック」とか「??投げ」とか人の名前が技になることはよくあることだが、
体操のようにそのまま技名になるのは珍しいかもしれない。
ロシア系の聞き慣れない語感が功を奏してとても難度の高い技なんだろうと思わせる。
しかしこれが、技の開発者が普遍的な名前の持ち主だったとしたらどーだろう。

「おーっと、出るかスーザン!」だとか
「フィニッシュはヨシオ??、ヨシオ??。」とか
「キャロラインはD難度ですからねー。」なんて。

技名を聞くたびに、
乾ききってない靴下を無理やり履いた時のような
持って行き場のない脱力感と虚しさがお茶の間に充満することは必至だろ。
口に運びかけたカステラを膝上に転落させる主婦が増えること間違いなし。


そこで名前が技名となるのならその逆もしかりのはずってことで。

「高橋 帆かけ船(32)」



どんな技なのかはお父さんお母さんに聞きましょう。


伸身トカチェフ1回ひねり
posted by とと at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼんやり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月20日

ふと。

今年になってこのダラダラ日記以外のコンテンツを何も更新していないことに気がつきました。
日常の業務に忙殺されてと言えば聞こえはいいのですが、実は気力の低下が原因だったりします。

年明けの初詣以来まともにSも動かせてないし、
描きかけの「うさぎまん」がコタツの上で泣いてたり。。。。




励ましのお便りキボー。
posted by とと at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼんやり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。