2004年01月15日

語彙

「死語」ってなんだ?

「死語」はその存在を知られてはじめて「死語」になりうる。
「死語」を知らなければ「死語」であることを指摘できないからだ。
「死語」の反対語は「生語」じゃなくて「活語」なんだろう。
活用されない言葉は死んでいるということだな。

高齢者と接することの多いおいらは、その死語でさえ通じない環境にいる。
死んだ言葉すら通用しない世界。
言葉を選ぶのも一苦労だったりするのだが。

しかしながら、その世界で活用される言葉こそが、
実は古き良き「活語」だったりする。
posted by とと at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼんやり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。