2006年06月27日

炭素な生活

実家をリフォームするってことで家具なんかを物色しております。
やはり便器はこんなのがいいですね。
軽量化。
特に恩恵は無し。


ca.JPGカーボンファイバー製トイレFresh News Deliveryさんより)
わずか5キログラムだそうです。火事の時持って逃げるのに楽。



posted by とと at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | うんちく・小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

遊びたいのです。

これ、きっと見た目より面白いかも。
誰か買ってみてください。



switchk.JPG
Switch Kick古今東西製品情報さんより)
蹴るなどの衝撃を与えると表面のパネルが反転して色が変わります。
対象年齢4歳以上。

posted by とと at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | うんちく・小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

生命の樹

前項では京都タワーという「塔」に注目してみましたが、
塔と言えば、かの大芸術家・故岡本太郎氏が作品「太陽の塔」を誰もが必ず最初に思い出すことでしょう。
絶対そうです。だってそうだもん。
てなわけで本日は「太陽の塔」についていろいろ検証してみたいなーと。。。。

と思ったのですが、いきなりこれを見つけたのでもう良しとします。
tou.JPG
太陽の塔ロボ
デスクにかざって、たまにいぢめたい。

===

太陽の塔

posted by とと at 14:04| Comment(2) | TrackBack(0) | うんちく・小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

天宇受売命を追いかけて

これを買って引きこもりまくってみたいと思います。

myroom
個人向け屋内防音室「マイルーム」
天岩戸状態を満喫できそうです。
しかしこんな物が部屋の片隅に置いてあって、
さらにそこには腐りかけたおっさんが潜んでいるとなると、
家族としては外側から施錠したくなるんでしょうなあ。
「そんなに一人が好きなら一生そこにいろ」と。

所謂独房ですよね、これ。

===

商品名は「アビテックス」だそうです。
設置シュミレーションがあるので検討してみましょう。
4畳半にはかなり無理がありますぞ。
setti
posted by とと at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | うんちく・小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

安楽史

気がついたら2周年超えておりました。。。
こんなグダグダ更新の当ブログがえらい長いこと続いたなーと。
まだまだ続くのかー。おい、どうなんだー。

がんばります。
なんとか。
必死で。

===

こんな風な夢を見たことがあります。
確かゲラゲラ笑って喜んでたはず。
こんな風な動画。)

ishu
ホバークラフト椅子 (俺暇さんより)

板金風味な質感が嫌。
posted by とと at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | うんちく・小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

素直になれなくて

TricksteRさんのところで知った、ツンデレに続く新たな萌え属性。

「素直クール」

一見クールに見えて実は感情表現がとても素直というカテゴリー。
2ch 素直でクールな娘 まとめサイト

「ぼぼぼ、僕と結婚してくれませんか?」
「何を今更。お前にはこの赤い糸が見えないのか。」

てな感じでしょうか。

てか、そんなやついないし。

sunao

===

素直度診断
56.7%素直でした。


ツンデレの次はこれだ!的なスロットコロコロザイーガさんより)
「ウザ電波」
posted by とと at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | うんちく・小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

口座番号56513

いきなり朝からイソジマン付ご飯を噴出。

goru
ゴル休3なおみんさんより)

12月号が楽しみ。

===

ゴルゴと言えばやはりポエヤマさんのこれ
posted by とと at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | うんちく・小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

相殺された残像

あまりの違和感の無さに我を失いました。

furaara
フランダースのアライグマ小ネタBlog??純情派さんより)
posted by とと at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | うんちく・小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

ちーさな巨人

小学生だった頃の事。
となりに住んでいた桁外れに裕福なおぼっちゃまが持っていた、
ミクロマンという男の子向け人形が羨ましくって仕方なかった思い出があります。
財力に任せてまるで軍隊のように整列させられていたミクロマンたちを目の当たりにして、自宅に帰ってから湧き上がる欲求を抑えられず烈火のごとく駄々をこねくり回したのでしたが、もちろん屈強なるとと母の牙城をそんな正攻法な攻撃で打ち崩せるはずもなく、
「ミクロマンなんか知らん。」
と例の如く背筋が凍りつくようなテンションでバッサリ一蹴され、
あまりの衝撃に押入れの隅で膝を抱えて呪いの言葉をつぶやきながらフォースのダークサイドへ足を踏み入れたのをはっきりと覚えております。
「貴様が知ってるとか知らんとかが問題ではなくて、隣接した家庭に当たり前のようにある物がなぜ我が家では購入に踏み切れないのかを問うている。」
と言及したかったのをゴクリと飲みこみ歯茎から血を流しながら我慢したことがトラウマとなって、現在においては無意識に食玩を大人買いするという、脱力感抜群の悪癖を持った豪傑に成長したととちゃんでした。
てへ(・_・)ゝ。

と、そんなセピア色のスクリーンショットを蘇らせてもらえた記事が小太郎ブログさんのところで紹介されていました。

zoho
ZOHO 85箇所可動する金属製フィギュア
海外版ミクロマンのようです。
滑らかなポージングに高級感のあるボディ。(でも顔はマヌケ)
ヤバイ。かなり欲しい。
人形4コマとか作ってみたい。。。

でもきっと高いんだろーなあ。


関連:ミクロマン
現在でも売られているミクロマンシリーズ。
やはりイケメンです。

===

バカスレにもほどがありますがミクロマン欲しくなりました。
2chスレ「今からオ○ニーするので見てください」煙いブログさんより)
posted by とと at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | うんちく・小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

scramble

会議中おもむろに開いて使用してみたいです。
「どうぞお気になさらずに。」とか言って。

toile
トイレかばん古今東西製品情報さんより)

使用後電車の中とかで開いたりしたらやだなー。
posted by とと at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | うんちく・小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

KAFKAの系譜

もう少し深く被って欲しいです。

kuma
なりきり気ぐるみ リラックマeverything is goneさんより)

でもこれが最強。
一反木綿セット
全裸に着用が楽しいかも。
posted by とと at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | うんちく・小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

名は体をあらわすぅ。

寸暇を惜しんでネットの海を漂っていると、
久しぶりに激烈クリック連打を阻止するネタに遭遇。

SEXはヤマハの登録商標です俺暇さんより)

へーそーなのかー。
ということはいつしか「SEX」という名のバイクでも発表するつもりだったのかなあ。
「ヤマハ えすいーえっくす 400ダブルアール」みたいな。

売れるのか?
速いのか?
速くていいのか?
2860-471-2

===

ジェット機とポルシェとバイクがゼロヨンで勝負しております。

ゼロヨン勝負!小太郎ブログさんより)

とと的には最終的に飛んで行ってしまうジェット機についにじみ笑いしてしまいます。
posted by とと at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | うんちく・小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

SKYHIGH

背中に大きなエンジン式プロペラを背負いパラシュートで滑空する「パラモーター」というものを知りました。

mos_in_flight_mid1couple


やってみたいなーとか思いましたが注意書の恐ろしさに耐えられず断念しました。

危険なエンジンユニット

つーか、イラスト手抜きすぎ。
火火火ひ??
posted by とと at 12:42| Comment(2) | TrackBack(0) | うんちく・小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

グルメB難度

子供の頃これをやってオフクロに烈火の如く叱られました。

rr
ラーメンライスeverything is goneさんより)


おいら的には汁そば系に施工するよりも
ソース焼きそば系に施したほうが魅力的です。
マヨネーズをかけたら極み。
posted by とと at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | うんちく・小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

ネマトモルファ

田舎に住んでいると、とてもファンタスティックな出来事を体験することができます。

子供の頃の遊びアイテムと言えばやはり「虫系」をおいて他にありません。
カブトムシやクワガタといったメジャーなものから、マイマイカブリやヒゲナガゾウムシなどの珍種まで年中通して常にポケットに常備していた記憶があります。
しかし周知のように一概に「虫」と言ってもその形態・生態は様々で、
中には我々虫使いがどーあがいても手名づけられない猛者も存在しているのです。

ナメクジやイボガエルまでも玩具として取り入れてきたおいらが唯一受け入れらえなかった者。。。
そう、そのキング・オブ・タイラントとは・・・

ハリガネムシ。

キター。ハリガネムシー!
知ってる方は名前を聞いただけで悶絶し、知らない方はまったく意味のわからない虫。
ここで、「針金?別にそんなキモイ感じは受けないなあ」とかノタマッテいる平和な諸兄のために、
その驚愕のディティールを紹介することにしましょう。

まずは一般的な概容。

ハリガネムシ
「ハリガネムシとは類線形動物門ハリガネムシ綱(線形虫綱)ハリガネムシ目に属する生物の総称。体は左右対称で、非常に細長く、内部には袋状の体腔がある。
表面はクチクラで覆われていて体節はない。種類によっては体長数cmから1mに達する。カマキリ等の昆虫の寄生虫として知られている。地方によっては「ゼンマイ」とも呼ばれる。
(Wikipedia抜粋)」


こう記述されるとわかり難いので、おいらの体験を踏まえてわかりやすく説明します。

ハラビロカマキリというカマキリの一種がおりまして、
名前のように他の種類よりも腹部が大きいのが特徴なのですが、
カマキリ族の中ではより気性の荒い種族で、その獰猛性からコレクターからは重宝がられておりました。
で、その珍種をおいらも嬉しそうにゲットしたわけで、捕獲時は喜び勇んで自宅へと持って帰ったのです。
当時とと宅には水槽を改造した捕獲昆虫観賞用ガラスケースが設置されていて、
様々な昆虫が快適に生息できるよう、今で言うテラリウムとして構築されておりました。
朽ちた木々あり、草むらあり、そして水辺がありとなかなかハイブリッドな造りだった記憶があります。
で、その日捕獲したハラビロちゃんを「仲良くね♪」とばかりにそのミニ地球に放りこみ、
神にでもなった気持ちで動き回る対象を眺めていました。
と、しばらく楽しげにテラリウム内を徘徊していたそのカマキリが、水辺の辺りで突然活動を停止したのです。
対象の急激な変化にその様子をしばらく伺っていると、
なんと突然黒光りした線状の物体がカマキリのオシリからモリモリ出てくるではありませんか。
もしかして脱糞?と思いきや、その固体は明らかに意思を持って運動していたのです。
ハラビロカマキリの巨大なお腹をもってしても信じられないくらい延々伸び続けるその黒い線虫。
そう、それこそがカマキリの体内に寄生していた「ハリガネムシ」そのものだったのです!
衝撃の光景に目を奪われていると、ようやくハリガネムシはその全容を現し、
まさにハリガネのような黒い細身を水中でクネクネと身悶えさせていたのでした。

全長は20センチくらいあったでしょうか。
キモイです。キモイったらないです。とても素手なんかじゃ掴むのは無理です。
カステラくれてもできません。ていうか食い物の事なんて考えられません。

図鑑の解説によると、この寄生虫はもともと水中で生活する生物で、
カマキリの体内でしばらく生活した後、カマキリを誘導して水辺に連れて行き
腹を破って水中に移動するそうです。
恐るべし寄生中。
ハリガネムシは人間には寄生することはまず無いそうなのですが、
昔うわさで「人間の爪の先から侵入し心臓を食い破る」とか言っていたように思います。
めっさ怖いです。

でもそういえば最近見ることがなくなってしまいました。
昔はよく車に轢かれたカマキリやバッタから飛び出してウニョウニョもがいていたものでしたが。
こんなことを書いているとなんとなくもう一度見たくなってきたので、
どなたか発見された方、詳細でもメールでお知らせください。
言っておきますが必ずメールで。絶対メールで。
本物とか送ってこないように(汗)。

SueMe SuBlogさんのところでその詳細が紹介されていました。
かなりグロいのでムシが駄目な方は注意。
ハリガネムシ
そしてさらに動画も。
腹から出てます。。。。。これまた強烈に激グロ。

migi
posted by とと at 12:24| Comment(2) | TrackBack(0) | うんちく・小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

経絡秘孔を押してみよう

えーと
「2ちゃんねる」はあんまり好きではないし、
「エヴァンゲリオン」はよく知らないのですが
心の隙間に差し込むようなスレを捕捉してしまいました。

「名セリフの途中で秘孔を突かれるスレatエヴァ板 」

でも「北斗の拳」は大好きでしゃるぴのうあっ。


goldenhalf
posted by とと at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | うんちく・小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月04日

頬に光るもの

事務所にて、朝からこの記事を読んで涙ぐんでいたので
例の事務おばさんが黙って饅頭を手渡してくれました。
ちいさく頷いて軽く微笑む事務おばさん。

何を想像したのか気になるー(汗)



「妹とたまご焼き」閑。さんより)
「動物園の写真」閑。さんより)
「生きて、生きて、生きる。」Walkin' Around増刊号さんより)
posted by とと at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | うんちく・小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

無用の長物

泥酔して意識を失った飲み会の翌日、
着ている服全てが裏返しだった時にこのgoodsが必要だと思いました。


自爆ボタンDX ゲームは1日8ビットさんより)

「スイッチとしての機能は全くありませんので御注意ください。」

せめて音が鳴るとか工夫してくれ。
ていうか高いし。
posted by とと at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | うんちく・小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月21日

虚しい悪魔

もーすぐクリスマスですね。
例年通りやさぐれるのを見越して、ネット占いとかで紛らわせてみました。

「イエス」と言わせる恋の技??小悪魔度診断テスト

とと
「小悪魔見習い 小悪魔度50%」

??フット・イン・ザ・ドアテクニック(少しずつ承諾させていく方法)??
クリスマスデートに誘ってもなかなか「イエス」と言わない相手には、「喫茶店でケーキを食べよう」「10分でいいから」と、相手が承諾しやすい用件を言って「イエス」と言わせます。そして喫茶店に入ったら「ねえねえ、ちょっとだけカラオケに行こう」と次の用件を言います。こうやって少しずつ「イエス」と言わせていけば、相手は断りにくくなり、彼(彼女)は知らないうちにあなたとデートしていたということになるのです。


いいのかそれで?(汗





関連:クリスマス独り身度チェック面白いサイトみつけたよさんより)
posted by とと at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | うんちく・小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月14日

Witch's milk

こないだ近所の小学生に教えてもらった日本語。

女性のおっぱいで、
無乳→微乳→貧乳→凡乳→巨乳→爆乳→超乳
の次にくるサイズの名称。

「魔乳」

「魔乳」っていうのは医学用語で、新生児から出るお乳のことだそうです。
大きさの限界が訪れた時にその名称が新生児のそれと同じくするということは、
人間の一生において老齢期になると幼児化するのと同じ原理なのかもしれません。
つまりおっぱいも大きくなるにつれ最後には胎児に輪廻していくのかと。
うーむ。深い。深すぎる。
きょーびの小学生はなまじ良い物食ってませんな。

ていうか「凡乳」て。
ぼんにゅ??。シルブプレ??。

===


おっぱいサイズを綴ってくれています。
「The New ABC Song」(ちょいエロ)
なんとなく面白かったので。

あと、おっぱいと言えばやはりこの人。

O・SU・SO・WA・KEエルエルさんより)
少し前に話題になった曲ですが、あらためて脱力してください。
ぶるぶるんのキュッのボン??♪
ぶるぶるんのキュッのボン??♪

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
 ⊂彡
posted by とと at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | うんちく・小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。