2007年07月28日

琥珀の向こう

長いこと娘とばかり遊んでいたせいで、携帯には誰からのお誘いメールも来なくなっている事に気づいてしまいました。
たまの一人の夜だと言うのに、冷やし忘れた人肌の発泡酒を中腰で飲んでしまう羽目に。
そんな悲しきおっさん生物にささぽんさんが救いの手を差し伸べてくれました。

buddy.jpg
Virtual Drinking Buddy
渋すぎるおじさんがウイスキーでお相手してくれます。
8つのコマンドを駆使して飲み明かしてみましょう。
「CLEAN MY GLASS」が沁みます。

posted by とと at 00:05| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 面白サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

ダブル・ビハインド

実を言うとおいらは地元の消防団なんかに参加している偽善者なのですが、
去年あたりから階級が上がったりして休日をほとんど搾取されております。
仕事以外で時間的拘束を被ったりするのはとても苦痛で、
最近はもっぱら消防団イヤイヤ病を群発させている次第です。
そんなにイヤなら辞めればいいと周りからは罵られるのですが、
なかなかそういうわけにもいかず、辞めたいのに辞められないでも辞めたいという無限ループに陥ってしまい大好きなカステラも3箱くらいしか喉を通りません。(無理したら4箱くらい食べられますが財力が及びません。)

なんでこんな事になったのかなーと思ってたら、やっぱり前世が町火消しでした。


大江戸前世占いなぉみんさんより)
hikeshi.jpg
なーんだそうか。



posted by とと at 17:57| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 面白サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

輝ける場所へ

松保護士というものになれそうです。

===

最近テレビをまったく見ない生活が続いたので、こんな素敵なCMが放送されているのを知り愕然としてしまいました。
shock.jpg
ショッカーの転職-B-ingCMコロコロザイーガ学園さんより)

名作ぞろいのホットペッパーといい、リクルートにはセンスのあるクリエイターが常駐しているのですなあ。
WEB限定版が早く見たい。
posted by とと at 06:41| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

ローカルの星

以前のエントリー「ローカル戦線異常なし」で紹介した、あの島根県松江市宍道ふるさと森林公園に出没する自称森の妖精こと「グリーンマン」が割りと地道に活動していることを知りました。

久しぶりに訪れたHPでは、なんと彼のコンテンツが増設されているではありませんか。
gre.jpg
「森のヒーロー、グリーンマン」
彼の日記、活動の記録、そして彼の仲間の紹介と、これまで謎に包まれていた彼の詳細が明らかに!!!
これは期待度抜群ですっ!

と思いきや、まだまだ発展途上のようでそれほど愉快でもありませんでした。
ただその作りかけの端々に垣間見られる独特のセンスに何か込み上げる物を感じさせられてしまいます。

「この間、『手作りなんですか?この緑の服』と真顔で聞かれたグリーンマンだ。」

いいですね。おいらも多分直接会ったら聞いてたと思います。
グリーンマンの仲間は相変わらず手下のフォレフォレマンしか判りません(助手ではなく手下って言われると悪人属性を拭いきれません。実はグリーンマンはフォレフォレマンと共に世界征服でも企んでんるんじゃないでしょうか。)ピンクちゃんっていう恋人も猛烈に気になります。きっとピンクの目出し帽をかぶった女性キャラだとは思いますが。

おそらくそんなに更新されないであろう彼の日記を楽しみにしながら、いつの日か本物をこの目で確かめてみたい衝動にかれられております。そうだ、島根県へ行こう。宍道湖のシジミを食べよう。
posted by とと at 15:08| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

タトゥージェネレータ

女体の好きな部分に自作のTATTOOを入れたい!とお嘆きの貴兄に。

tatoo.jpg
Crusty demons - Tattoo Parloursasapong's roomさんより)
彫る部位、デザイン、そして好きな文字(英数)を入力して「APPLY」で完成です。
セクシーなお姉さんが動画で見せてくれるので思いのほかウハウハできます♪

しかし、ささぽんさんはいつも面白いジェネレーターを紹介してくれますなぁ。凄いなあ。
posted by とと at 16:58| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

一網打尽式

とても気持ちがわかります。
パソにはわけのわからない画像フォルダが満載。

気の迷いで保存してしまった画像
気の迷いで保存してしまった画像の続き(以上2点FINALEさんより)
posted by とと at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

TheRugCop

主演の彼に漢を垣間見ました。

rug.jpg
「ヅラ刑事」オフィシャルサイト潜行中さんより)

必殺技が「モト・ヅラッガー」なのは、
監修・実相寺昭雄の仕業っぽい。


===

実相寺監督と言えばやはりこれ。
幻の「ウルトラセブン第12話」放置新聞さんより)

これっていつぞやの幼女連続殺人事件の時に有名になったなあ。
posted by とと at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陽炎

本日は火葬場周辺の支障木伐採業務。
高温な噴煙を吐き出している煙突に周辺の雑木が接触して危険だということで、
火葬場に覆いかぶさるように群生している雑木林を切り開くことになったのです。
周囲にはなんとなく妙な「臭」が漂っていて、それが何の臭いかは断定できないのは判っていながら、やはりどことなく気味の悪いものでした。
チェーンソーを幹に入れる際「この木もたくさんの死体のエキスを浴びてるのかなー。」とか考えてしまい、切り口から染み出る樹液までもが特別な物のように感じました。
作業している間も次々とご遺体が運ばれてきて、恙無く焼却処分されていきます。
お坊さんの読経中は作業を中断しないといけないので、その間はぼんやりと煙突から立ち上る薄茶色の排煙を眺めておりました。

空に昇っていくその煙を見てると「魂は天に帰っていく」という発想が納得できます。
邪魔にならないよう、予定よりもすこし多めに伐採しておきました。

===

世の中には様々な仕事がありますね。
連日驚きながら読ませてもらってます。

特殊清掃「戦う男たち」

どんな職種であっても業務に誇りを持てることがプロの証だと思います。
posted by とと at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

仕事しろって。

初めてザイーガ さんところで参照 されたー♪(パクリネタですが。。)とかって喜んでるわけですが、まもなく移転しなければならない無常感に咽び泣いておりんす。



引越し・・・リアルでもネットでも大変です。
こうなりゃネットコミックでも読み耽るか。(逃避中)


るりあーちゃん
とてもこういうのに弱いのです。ダメだー、泣ける。
おとうやんとみっちゃん
好き、好きー。

クレヨンしんちゃんの13年後
あー、これもダメだー。鼻水がー。
Hybrid Insector
おもしろーい。

痴漢男
読みこんでしまいました。

おたくの娘さん
めぞん一刻のオマージュのようで楽しいです。

===

ネットに落ちている面白い漫画 (ネタサイド さんより)

posted by とと at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

星に願いぉ

おやおや、もう7月です。
7月と言えば七夕ですね。
その七夕とは関係ないですが7月はうちの妹の誕生月なんです。
彼女は独立記念日に生まれました。
そしておいらの誕生日はテロの日。
もちろん二人とも合衆国には縁もゆかりもありません。



♪たなぼーた、ぼーたぼたー♪



===



いよいよ吉野家で大盛りにするか並にするか迷うほど貧乏になってきましたので、
思い切ってホストにでもなって、吉野家ごと貢いでもらうことにします。

ho.JPG
憧れのホスト占い
 (prepre日記さんより)
月収56万円で、グッチのスーツを貢いで貰えるそうです。
社長令嬢と財閥の娘に気に入られているようですが、
「顔がウザい」そうです。
悪かったなーウザい顔でー(本泣)。

posted by とと at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

錯視メタモルフォーゼ

連日仕事で疲れているからといって、
娘のオムツのパックが綿菓子に見えた時は
さすがにこりゃ末期だと思いました。


===



castle.JPG
モノクロがカラーに見える錯覚画像 (スピードネーターさんより)
30秒間画像を見続けた後、マウスを画像にかざしてください。
一瞬ですがカラーに見えます。
不思議ー。

posted by とと at 11:02| Comment(5) | TrackBack(0) | 面白サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

GW前に。

ごぶさたです。
巷は大型連休だとかなんとか言って浮かれているようですが、
おいら的には決してそうでもなく
普通に仕事とかして普通に生きてます。

ちゃんと生きてますからちょと更新。

kyupi.jpg

擬態語占いぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWSさんより )
「きゅぴ〜ん」でした。
「人生にロマンを求め、夢を追いかけていく傾向があります。」だそうです。
きゅぴーんな夢って一体。。。

posted by とと at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

のんすとっぷ

数年前のことを思い出したので。

木材を満載にしたトレーラーにて山深い峠道を走行中、
今までに無い猛烈な尿意を突然もよおしてしまい、
止む終えなく緊急停車して周辺の雑木林へと踏み込んで行ったことがありました。
臨界点ぎりぎりまでになろうとしていた泌尿器系の緊張度を
野ションという荒業でなんとか解す事ができたまではよかったのですが、
トレーラーを停車させた場所が思いのほか急斜面だった事と、
長年酷使され続けたサイドブレーキの老朽化が災いして、
こともあろうに目前で無人のトレーラーがするすると動き出すという異常事態が発生しました。
あまりの出来事に我を失いそうになったのですが、
ここは冷静に対処しないといけないと思い、
とりあえずズボンのファスナーをねじり上げ、
疾風のように森林からすぽーんと飛び出し、
奇跡にも加速しながら滑落していくトレーラーのドアに飛びつき、
数十メートル引きずられて前輪に巻き込まれそうになりながら
なんとかドアを開け運転席に這い上がることができ、
あわやガードレールを突き破って谷底に転落という瞬間に、
渾身の力をこめて親の仇よろしくブレーキを踏みつけて、
どうにかこうにか間一髪事なきを得たのでした。

生きている喜びを実感できたあの時。
助手席にボンドガールがいれば、
きっと恋に落ちたと思います。

===



skill.JPG
Parking Skillssasapongさんより)

縦列が未だに苦手です。

posted by とと at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

経年変化

改まって数字で見ると
とてつもなく月日を浪費してしまった感覚に陥りました。



10000.JPG

1万日カウンターs??modeさんより)



残りをがんばることにします

posted by とと at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

陸の孤塔

京都市には「京都タワー」っていうランドマークタワーがありまして。
寺社仏閣の町京都の古い町並みと違和感無く融合できるよう
「ろうそく」をモチーフにしたデザインで建築されたのが有名なのですが、
今となっては周囲の近代建築丸出しの建物乱立に押され気味で、
ただの白塗りへっぽこ灯台然と化しているヌルい巨塔だったりします。
京都タワーって実は地元の人間はあまり訪れたりしないんですよね。
中には観光デパートやレストランなんかがあるのに、
よくあれで経営が持続できるもんだと無関係ながら不思議に思ってみたりしちゃいます。
京都タワーの思い出と言えば
昔タワー内で夏季限定の催しだったお化け屋敷が異常に恐ろしかったことくらいでしょうか。
確か「ドッキリ屋敷」とかなんとかいう名前だったと思います。
もうね、トラウマってのはあの時の事を言うのかってくらい恐ろしいお化け屋敷でした。
大声で脅かすわけでもなくそこにいるだけのアルバイトのお化けの人とか、
座敷の片隅に置いてある市松人形がただ数十センチだけ歩み寄ってくるだとか、
なんだか地味なんです。地味すぎて違和感のある恐怖がにじみ出てくるのす。。
未だに夢に出てくるくらいですもの。つい最近も。
そんなタワー自体とはまったく関係ないイメージでしかない京都のシンボルなのですが、
ここへ来て注目されようとしていることを
酔拳の王 だんげの方さんの記事で知りました。



kyotw.JPG

京都タワー研究会



京都造形芸術大の女子学生3人で構成された、
京都タワーをこよなく愛し、
その存在意義を模索しながら、
観光客はもちろんその他すべて人に注目されるよう
飽くなき活動をしているグループだそうです。
何が楽しいって、やはり当団体のテーマと言うべきこれでしょう。

京都タワー体操
「京都タワーのように強くて元気な体をつくりましょう。」
♪タワー体操??ぐぃんぐぃん♪
あー、CD欲しい。
あのコスプレ着てタワーの上で踊ってみたい。
なんだか本当に京都タワー好きになりそうです。
いつかあの展望台でオフ会とかしたいなあ。
京都一望オフって案外素敵かもです。





京都タワー公式サイト

posted by とと at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

Xの悲劇

そんな風に口が開くって
誰もが思うことかもしれないけれど
誰もが口に出して言わないことだとも思うし。
そして決して形になんかしないとも思われ。



mifma.JPG
パペットぬいぐるみぷちぷちしゅーさんより)



やはりこれっすか。これなんっすか。

ミッフィー獣



===



このぬいぐるみを作ってる伊藤製作所さんの作品はどれも感涙ものです。
とと的には特にこれ。



NIKEエアソックス



油性ペンだ。

posted by とと at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

人格回帰点

とうとう12月ですね。
だからというわけではないですが占い・診断系をひとつ。

szondi
ゾンディ・テスト (黄色いみかんさんより)
好みの顔を選ぶだけで性格判断するという風変わりなテスト。
6組からなる写真群から好きな顔・嫌いな顔をそれぞれ2枚ずつ選び出してください。
最後に「診断」をクリックすると4種類の衝動にわけて精神鑑定してくれます。
実際に精神科などで用いられたそうですから信憑性のある診断結果みたいです。
しかしあの中から2枚も好きな顔を選ぶのはかなり難しいものがありますな。
「好き」の基準を自分の中に設けるだけでも一苦労。

ちなみにおいらは
「性衝動 0??タイプ。
受動的で自己犠牲を伴う献身型。個人愛、人間愛、攻撃性は抑圧されている。
極端な場合はマゾヒズム、ホモ。しかし一般には日本人によく見られる反応である。」

だそうです。
年末にきてマゾでホモ。

===

ハードゲイ占いフゥーー!
posted by とと at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

Heaven Is A Place On Earth

もう11月も終わりってことで1年は早いなーとか思ってたところに、
太陽系各惑星での年齢を示してくれるサイトに遭遇しました。

age
Your Age On Other Worlds (Gari@Suta-GUTIさんより)
惑星の自転・公転の違いで生じる時間差を計算してくれるようです。
mmに誕生月DDに誕生日YYYYに誕生年(西暦)を入力してCalulate。
おいらは水星では生を受けてから231.9日を過ごし154.5歳になっているとのこと。
とてつもない長い1日を過ごして駆け足で1年が過ぎていくようですな。
それってイヤー。



こちらは体重。
Your Weight On Other Worlds

冥王星では5キログラムでした。
ばぶー。

===

日本惑星協会
posted by とと at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

ふろむびよんど

sasapongさんのところにあった「作り笑い判定テスト」。

fake
Spot The Fake Smile
ささぽんさんが丁寧に紹介していらっしゃいますので、是非参照してやってみましょう。
おいらは20問中15問正解でした。
外国人ばかりなので判断し難い部分がありますね。
日本人バージョンがあれば楽しいかも。
てか、最初から半笑いしてるやつとかいるし。

最近おいら自身作り笑いとか愛想笑いをする事が多くなったような気がします。
日常の様々な煩わしさを回避するのに、それは最も有効な技能だと思う反面、
自分の中でその瞬間ごとに何かが死んでいくような気分に陥ったりします。
大人になって丸くなったと言うべきか、
はたまた守りに入ったつまらない人間になったと言うべきか。
いつまでも尖っていたいと思うのは少年の儚い夢のようなものなのでしょうか。
posted by とと at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

孤立無援

いきなりですが、最近誰からもメールが来ません。
広告どころかスパムメールすら来ないです。おいらの受信箱は「新しいフォルダ」状態。
いくら友達がいないからって、社会から隔離されるにもほどがあります。
これってもしかしてヒッキーになる予兆なのでしょうか。
いや、既にそうなってるとか。
あまりにも悲しいので自分宛に励ましのメールを送信してみました。

「がんばれ、とと。ボクは君の事が大好きさ。」
「ありがとう。おいらもだよ。」

返信しちゃった(泣

papan

===

あの人からの手紙おもトピさんより)
気になるあの人からメールをもらうことができます。
一番したい事を訪ねられるのですが、どう反映されてるのかわかりません。。。

うさぎまんより
そそそ、そーだったのかー(汗
posted by とと at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。